先述したように、僕の都合で急に「来月から相談は有料にします」のようなことは言えません。これは単に気持ちの上で言いにくいという話ではなく、苦しいときにお世話になってきた義理もあれば、今まで一緒に成長してきたという人情もあってのことです。そんな記事誰でも出来るから必要なイト思っていたんだけどそう思う?

 

結論から言えばどうということもないのですが、結局僕は、従来のクライアントとの関係はそのままにしておくことにしました。従来通り相談は無料。大がかりなリニューアルをする機会があれば、そこまでの相談にかかったコストを上乗せする、というものです。

 

この決断は別の問題も引き起こしました。従来のクライアントがくれる紹介の案件を、結果としてはほとんどすべて断ることになってしまったのです。付き合いの長いクライアントからの紹介では、僕は「無料で何でも相談に乗ってくれる制作屋さん」という役割を期待されます。しかしそれでは僕は食えません。

 

本来なら、懇意にしているクライアントからの紹介案件というのは、制作者にとっては最も美味しいもののはずです。しかしそれは僕にとって、期待されている役割をこなせば収益が出ないというつらいものになってしまいました。これは案件を取り逃がすだけでなく、新しいコンサルの仕事はすべて新規に獲得しなければならないということでもあり、二重につらい状況です。

 

新しい仕事のやり方に合ったクライアントは、新しく開拓しなければなりません。僕はかなり長い間、新規の仕事は紹介のあるものに限って引き受けていたため、新規開拓からは遠ざかっていました。新しい仕事に合う新しいクライアントを新たに開拓するということについて、尻込みする気持ちが頭をもたげ、決断は鈍りました。